IOCコーツ氏も隔離対象 東京五輪の調整委員長

 IOC調整委のジョン・コーツ委員長

 欧州から18日に地元オーストラリアに帰国予定の国際オリンピック委員会(IOC)で東京五輪の準備状況を監督するジョン・コーツ調整委員長が自主隔離の対象となると16日、ロイター通信が報じた。同国のモリソン首相は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、自国民を含む全ての入国者に14日間の自主隔離を求めている。

 コーツ氏はIOC本部のあるスイスのローザンヌからの帰国で、隔離の免除対象にはならないという。(共同)

共同通信社 2020年3月16日 無断転載禁止