五輪の予定通り実施を確認 IOC臨時理事会

 IOC理事会後に記者会見するバッハ会長=4日、ローザンヌ(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は17日、電話会議形式による臨時理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で中止や延期の懸念が高まっている東京五輪を予定通り開催する方針を再確認した。引き続き行われた各国際競技連盟(IF)との協議でも7月24日の開幕に向けて準備を進める方向性で一致した。

 IOCは「東京五輪に向けて変わらず全力を尽くす。大会まで4カ月以上ある現段階で思い切った決定を下す必要はない」との声明を発表し、開催を危ぶむ声が世界各国で強まる中でIFと足並みをそろえた形だ。

共同通信社 2020年3月18日 無断転載禁止