都知事、判断時期「今ではない」 五輪中止、延期論に

 東京都の小池百合子知事は19日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピックの中止や延期を判断する時期に関し「今それに答えるタイミングではない」とした上で「開催都市としての思いは、いかに安心で安全な大会にできるかということだ。そのためにはコロナに打ち勝つことが前提にある」と強調した。

 小池氏は「政府とも協議し、開催国、開催都市としての立場と責任を国際オリンピック委員会(IOC)に伝えていくことが重要だ」と指摘。「安心で安全な大会」の意味は「これまでと同様に世界中から競技者と観客が来ること」とした。

 IOC側とはメールなどを使って情報を共有していると説明した。

共同通信社 2020年3月19日 無断転載禁止