首相、東京五輪縮小と無観客否定 「完全な形」での開催を説明

 参院総務委で答弁する安倍首相=19日午後

 安倍晋三首相は19日の参院総務委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、自身が言及した東京五輪・パラリンピックの「完全な形」での開催について「規模は縮小せず、かつ観客にも当然、一緒に感動を味わっていただくということだ」と述べた。

 16日夜の先進7カ国(G7)首脳による緊急テレビ電話会議で、首相が「完全な形での開催を目指したい」と表明し、各首脳の賛同を得たとする経緯の説明を求められ答弁した。

 同時にテレビ電話会議の内容として「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして、完全な形で実施したいと述べた。G7の首脳たちから賛同をいただいた」と説明した。

共同通信社 2020年3月19日 無断転載禁止