米水陸両連盟が延期要請 東京五輪、通常開催に暗雲

 スイス・ローザンヌのIOC本部=17日(ロイター=共同)

 新型コロナウイルス感染拡大が世界的に深刻化している状況を受け、米国の陸上競技連盟は21日7月24日開幕予定の東京五輪の開催延期を要請した。20日には米水泳連盟も延期を要請しており、競技力に加え、スポンサーやテレビ放送権などを通じても国際オリンピック委員会(IOC)に強い影響力を持つ米国の主要2競技団体が態度を明確にしたことで、延期論が現実味を増し、通常開催に暗雲が漂い始めた。IOCや大会組織委員会は難しい局面を迎えた。

 2日間で米国の他にノルウェーやスロベニア、ブラジルのオリンピック委員会、英国の陸上競技連盟などが新たに五輪の延期を求める見解を表明。

共同通信社 2020年3月21日 無断転載禁止