五輪、選手の国際団体が延期要請 「健康と安全を第一に」

 【ロサンゼルス共同】国際的なアスリートらによる団体「グローバル・アスリート」は22日、東京五輪の開催延期を国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)に求める声明を発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大が世界的に深刻化する中で「選手は五輪に向けて十分な準備ができておらず、彼らの健康と安全を第一に考えないといけない」と主張した。

 同日の米紙USAトゥデー(電子版)によると、米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)が選手ら300人を対象に行った調査では、70%が開催延期を支持した。

共同通信社 2020年3月23日 無断転載禁止