首相、東京五輪延期を容認 「中止は選択肢にない」

 参院予算委の答弁で、東京五輪延期の判断について述べる安倍首相=23日午前

 安倍晋三首相は23日の参院予算委員会で、東京五輪延期も含めて4週間以内に結論を出すとした国際オリンピック委員会(IOC)の新方針について「私が申し上げた『完全な形』での実施という方針に沿うものだ。仮にそれが困難な場合には、アスリートの皆さんのことを第一に考え、延期の判断も行わざるを得ないと考えている」と述べた。

 同時に「判断を行うのはIOCだが、中止は選択肢にはない点は、IOCも同様だと考えている」とも表明した。

 自民党の佐藤正久氏への答弁。

共同通信社 2020年3月23日 無断転載禁止