トップリーグ、残り試合中止 ラグビー、順位確定せず

 トップリーグの今季の残り全試合中止について記者会見する、日本ラグビー協会の太田治チェアマン=23日午後、東京都港区 ラグビー「トップリーグ」のロゴ

 日本ラグビー協会は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、トップリーグ(TL)の今季の残り全試合を中止すると発表した。

 リーグは不成立となり順位は確定しない。上位4チームで争う5月23日からの日本選手権は開催予定で、出場チームの決定方法は今後検討する。チケットは全て払い戻す。

 1月に開幕した今季のTLは第6節まで消化したが、感染拡大を理由に2月末~3月上旬の2節分16試合を延期。さらに薬物事件が続いたことを受けて、3月中の開催を休止していた。

共同通信社 2020年3月23日 無断転載禁止