経済損失3兆2千億円の試算も 東京五輪・パラ延期の影響

 東京五輪開幕までの日数を表示する画面=23日午後、東京都新宿区

 東京五輪・パラリンピックが新型コロナウイルスの感染拡大によって、来年以降に延期された場合、見込んでいた訪日外国人客が減り、国内消費も冷え込むことが予想される。エコノミストからは今年の経済損失が3兆円を超えるとの見方も出ている。

 第一生命経済研究所の永浜利広首席エコノミストは、国内外の旅行客による特需がなくなり、2020年の国内総生産(GDP)で1兆7千億円、波及効果も含めると3兆2千億円が失われると試算する。

 国立競技場や選手村の建設などインフラ整備は進み、既に出ている経済効果も多いが、大会に向けて盛り上がる消費の失速は必至だ。

共同通信社 2020年3月23日 無断転載禁止