山下JOC会長も五輪延期を容認 「道は簡単ではない」

 東京五輪の延期について取材に応じるJOCの山下泰裕会長=23日午後、東京都新宿区

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は23日、東京五輪の開幕が延期される公算が大きくなったことについて「アスリートの安全安心の視点から、延期を含めて検討せざるを得ない。道は簡単ではない。安全を確保できないならば、それ(延期)以外の選択肢はない」と容認する姿勢を表明した。

 山下氏は東京都内で取材に応じた。22日の国際オリンピック委員会(IOC)臨時理事会の前に、IOCと東京五輪の組織委員会との電話会議で延期を含めた検討に入る方針で合意したことを聞いたという。その時の心境を「衝撃が走った」と率直に説明した。

共同通信社 2020年3月23日 無断転載禁止