朝乃山に横綱への期待 頑丈で前へ、世代交代の活性化も

 若手力士らに担がれ笑顔を見せる朝乃山=25日午前、大阪市の高砂部屋宿舎(代表撮影)

 大相撲で朝乃山(26)=本名石橋広暉、富山県出身、高砂部屋=の大関昇進が25日、正式に決まった。スケールの大きな正統派の四つ相撲に、周囲から早くも横綱への期待の声が上がっている。

 日本相撲協会の境川審判部長代理(元小結両国)は「上を目指してほしい。頑丈だし、前へ出る相撲だからけがをしない。力でねじ伏せる形になれればいい」とさらなる飛躍を待望した。

 境川部長代理は「若い力士がもっと続けば、世代交代は活性化する」と昇進が起爆剤になる可能性を指摘した。

 朝乃山は「プロ入りしたからには、てっぺんを目指すと決めていた」と強気に話した。

共同通信社 2020年3月25日 無断転載禁止