米競技団体、計131億円の損失 コロナと五輪延期で

 五輪マークのモニュメントの前をマスク姿で歩く人=東京都新宿区

 【ニューヨーク共同】新型コロナウイルスの感染拡大と東京五輪の延期によって、米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)傘下の競技団体は合計で1億2100万ドル(約131億円)以上の損失が予想されると、AP通信が27日に報じた。50の競技団体のうち43が回答した調査により判明した。

 各競技を合わせて8千を超える大会が中止となり、会費や大会参加費の減少も予想され、競技団体の経営に深刻な打撃を与えている。統括するUSOPCは通常、五輪シーズンにNBCテレビから支払いを受けるが、大会の延期により2億ドル(約216億円)近い予算不足に陥るという。

共同通信社 2020年3月28日 無断転載禁止