IT企業社員、指導し開発 松江商高で人材育成事業始まる

ペンタスネットの社員(左)から指導を受ける生徒
 松江商業高校(松江市浜乃木8丁目)で23日、地元のIT(情報技術)企業と連携して実践的な技術を習得する「IT人材育成事業」の開始式があった。システム開発のペンタスネット(松江市北陵町)から訪れた社員2人が講師になり、サイト構築やアプリの開発を実践する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年6月24日 無断転載禁止