初夏彩る天の川 隠岐の島

日本海の上に浮かび上がった天の川=1日未明、島根県隠岐の島町都万(高感度撮影)
 島根県隠岐諸島で、夏の夜空を彩る天の川が見頃を迎え、満天の星々が光の帯のように浮かんだ幻想的な風景が住民らを魅了している。

 隠岐諸島は、屋外照明など人工の光による「光害」の影響が少なく近年、山に囲まれた場所で美しい夜空が撮影できるスポットとして人気が上昇。旅館などが星空観察プランを新しい旅メニューとして提案する動きも盛んになっている。

 この時季は、星が多く集まる銀河系の中心部が南側によく見える。地元の隠岐天文クラブ・プレアデスによると、日本海のいさり火や月明かりの影響が少ない日は、頭上に肉眼でしっかりと捉えることができるという。

 1日未明、隠岐の島町都万の海岸からカメラを向けると、梅雨の雲間にきらめく星々が鮮やかに浮かび上がった。同天文クラブの北野大作代表(55)は「地球が巨大な銀河系の中にあることを実感しながら、夏休みの観察を楽しんでほしい」と話した。

2020年7月2日 無断転載禁止