自宅でできる体操考案 奥出雲・島根リハビリ学院の学生

考案した体操について意見交換する理学療法学科の学生たち=島根県奥出雲町三成
 島根リハビリテーション学院(島根県奥出雲町三成)で理学療法士を目指す学生4人が、高齢者が自宅でできる体操を考案した。8月から町内のケーブルテレビで放映されている。新型コロナウイルス感染拡大により、外出しにくい状況が続く中、テレビを見ながら家で体を動かしてもらう。

 体操は、理学療法学科4年の下野段寿哉さん(22)たち4人が発案した。奥出雲町などの調査では、町内の高齢者は積雪がある冬場の外出頻度が減る傾向が判明。新型コロナの影響で、ますます外に出にくくなり、体を動かす機会が失われる状況を改善しようと、町健康福祉課と町のケーブルテレビ局と連携し、自宅で見てもらえる番組制作を思いついた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年8月17日 無断転載禁止