ヒゲダンが映画ドラえもん主題歌 21年3月上映

 山陰発のバンド「Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム、ヒゲダン)」が、来年3月公開の「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)2021」の主題歌「Universe(ユニバース)」を書き下ろした。楽曲の一部を使用した本編予告映像が公式ホームページで公開されている。

 1985年に公開されたシリーズ映画のリメーク版。宇宙船が3DCGで描かれるなど脚本も映像も新たに制作した。主題歌は、小さな宇宙人のために立ち上がるドラえもんたちの大冒険に優しく寄り添う内容に仕上がった。

 幼い頃からドラえもんに親しんでいたというボーカル・ピアノの藤原聡さんは「まず今回主題歌を担当させて頂けたことを大変光栄に思っています」とコメント。山口晋監督は「この曲が流れるエンディングをイメージして初めて『いける!』と確信できた」とメッセージを寄せた。

 本編予告映像は、20日から全国の劇場で上映を予定している。


 藤原聡さんの話

 子どもも大人も分け隔てなく包み込みながら回るこの世界で、自分の人生のあり方を、小さな頃からずっと考えていましたが、答えは今も出ないままです。なんなら、学校でも会社でも自己評価ってものがずっと苦手でした(笑) 結局「あの頃はどう」とか、後出しジャンケンで自分の過去を評価することしかできないまま今も暮らしています。

 そんな自分の人生をそのまま楽曲にしたことで、少年時代の自分とまた出会えたような気がしたし、日が暮れるまで夢中で遊んだ頃と同じように、この楽曲を作ることに夢中になっていきました。

 このUniverseが映画に彩りを添えられる楽曲になってくれたらうれしいなと思うとともに、聴いてくださった皆さんの日々や、その日々に入り込んでくる悩み事に寄り添ってくれたならバンドとしてこんなに幸せなことはありません。共にトライアル&エラーを繰り返しながら生きていきましょう。

2020年11月25日 無断転載禁止