問い合わせ先

島根県NIE推進協議会事務局
〒690-8668
 松江市殿町383
 山陰中央新報社編集局内
  Tel:0852-32-3305
  Fax:0852-32-3520
  Mail:nie@sanin-chuo.co.jp

第15回島根県わがまち新聞コンクール 入選作品

  島根県NIE推進協議会(会長・有馬毅一郎島根大名誉教授)が募集した「第15回島根県わがまち新聞コンクール」の審査会がこのほどあり、入賞作品18点が決まった。
  コンクールには個人も含め小学校4校、中学校4校の計8校(前回6校)から合わせて389点(同470点)の応募があった。審査委員長の有馬会長と、日本新聞協会NIEアドバイザーの先生4人の計5人が審査委員を務め、小、中学校の2部門で最優秀賞各1点、優秀賞各2点、優良賞は小学校5点、中学校7点の計12点を選んだ。
  入賞作品は自分たちが住む町や地域の名所・旧跡、伝統行事・産業、環境問題などを精力的に取材、紹介している。
  表彰式はNIE月間(11月)中の11月3日午後1時から松江市殿町の山陰中央新報社3階大会議室で行われる。

 【最優秀賞】

小学校の部

「意宇ネット」
大込 有馬(松江市立出雲郷小6年)

中学校の部

「浸水対策新聞」
片岡 瑞彩(島根大付属義務教育学校7年)

 【優秀賞】

小学校の部

「出雲国府新聞」
佐藤 瑠奈(松江市立出雲郷小6年)

小学校の部

「風どきのおか新聞」
中沢 松也(松江市立持田小3年)

中学校の部

「玉造温泉発掘新聞」
新宮 杏夏(松江市立玉湯中1年)

中学校の部

「旧法吉村名所などころ新聞」
栗岡 佑万子(島根大付属義務教育学校7年)

 【優良賞】

小学生の部 「フォーゲル新聞」星野莉彩(松江市立持田小3年)
「白かた天まん宮新聞」白石由姫乃(同)
「古志原新聞」永瀬愛華(松江市立古志原小4年)
「松江城新聞」門脇彩花(松江市立持田小6年)
「月山富田城の戦い 勝利はどちらへ」古澤優真(同出雲郷小6年)
「みんなのふるさと 東出雲 特産品 観光」花田璃桜(同)


中学校の部 「47番目に有名な島根のキラリPR新聞」森脇柊・伊藤羽琉・岩成穂果・長島幸来(松江市立湖北中1年)
「玉湯の神様新聞」片石琴羽(同玉湯中1年
「高麗人蔘(にんじん)新聞」濱野恭伍(島根大付属義務教育学校7年)
「~花と鳥の楽園~松江フォーゲルパーク新聞」徳安凜(同8年)
「まい!仁多米新聞」武田沙季(同)
「自らも助け他人も助ける新聞」目次亜留美(同)
▽「知って考えよう!原子力新聞」内藤才浬(同)

総 評  有馬 毅一郎(島根県NIE推進協議会会長)

良い学習、良い新聞には相関性
 今年も意欲的な作品が多く集まりました。過去には応募校・個人にやや固定化傾向がありましたが、この3年間は応募数の増加や広がりが見られるようになっています。

 「わがまち新聞」というのは、教室と実地での学習や活動の相互作用によって出来上がります。その成果の良さが新聞の出来に大きく反映します。

 良い学習から良い新聞が生まれ、逆に、良い新聞作りが良い学習や経験をもたらすということです。この教育的意義に着目して、学校でも新聞作りが組み入れられているのです。

 学習の成果としての手作りの「新聞」は、その土地や事象の一面を浮き彫りにし、作者自身の人柄・個性をも表出した味わい深いものです。

 また、学校ごと、学級ごとに特色の違いが出てきます。一定の指導の結果ですが、学校内に根付いている新聞作りの伝統・教育の積み上げも大きく作用することが分かります。

 多くは個人作品ですが、数人の共同製作も見られました。「共同で」の教育的意義はあるわけで、工夫してもっと生かすべきかもしれません。用紙もA3判から模造紙までいろいろです。狙いに応じて、指導も工夫したいものです。

 新聞作り特有の多面的で総合的な教育的価値を理解した上で、適切で有効な活用が推進されることを願っています。


★過去の入選作品

第11回
第12回
第13回
第14回