岡本おさみ生誕80年・山陰中央新報創刊140周年記念出版
今年夏 発売予定 発行・山陰中央新報社


 
 
 

「襟裳岬」「落陽」「旅の宿」「思い出にしてしまえるさ」―。吉田拓郎、南こうせつらの名曲誕生の秘話。
 放浪の作詞家が70年代の旅でたくさんの人と出会い、45年前に著したエッセイ。今も心に残ることばが生まれた放浪の旅をたどる。


 吉田拓郎、南こうせつら数々のアーティストに詞を提供し、多くのヒット曲を世に送り出した放浪の作詞家・岡本おさみ。70年代の旅で書きとめた「ことば」を紡ぎながら名曲の誕生秘話を綴ったエッセイ「旅に唄あり」が岡本おさみ生誕80年に「復刻新版」として甦る。自らの作品の解説や、詞を提供したアーティストについて語った講演内容など、貴重なコンテンツを新たに加えた永久保存版!
 岡本おさみが撮影した旅の写真のほか、蔵出しの貴重な写真、南こうせつに提供した「プライベートソングⅡ」の自筆歌詞、作詞家・松本隆との1970年代の対談など掲載。

<仕様>
定価3,300円(本体価格3,000円+税)
仕様:A5判、モノクロ、480ページ、上製本

<内容>
第1章「旅に唄あり」
  ※1977年初版本コンテンツ
第2章「岡本おさみのフォーク談義」
  ※島根県での貴重な講演内容
第3章「岡本おさみが語る『わが詩』」
  ※岡本おさみ自らの作品を語る
第4章 岡本おさみがつなぐ人たち(寄稿)
  ※南こうせつ、田家秀樹、長谷川泰二

【略歴】岡本おさみ
 本名・岡本修己。1942年1月15日生まれ。鳥取県米子市出身。
 放送作家から、フォークソングの黎明期に泉谷しげる、吉田拓郎らと出会い作詞家へ。
主な作品は、「旅の宿」「落陽」「祭りのあと」(吉田拓郎)、「こんな静かな夜」「満天の星」(南こうせつ)、「黒いカバン」(泉谷しげる)など多数。吉田拓郎作曲、森進一が歌った「襟裳岬」で日本レコード大賞、日本歌謡大賞受賞。
 エッセイ「旅に唄あり」(1977年)を上梓したほか、自身初のアルバム「風なんだよ」(1978年)、岡本作品をさまざまなアーティストが歌った「岡本おさみ アコースティックパーティー with 吉川忠英」(2003年)をリリース。
 作詞活動の一方、芝居の作詞と訳詞に参加。ミュージカル「ラブ」(市村正親、鳳蘭、西城秀樹)、「セツアンの善人」(大竹しのぶ)、ロックミュージカル「ロッキー・ホラー・ショウ」など。男性合唱組曲「隠岐四景」の作詞(堀悦子作曲、1980年に文化庁芸術祭優秀賞)がある。
 2015年11月30日に心不全のため死去。享年73歳。

<目次>
第1章「旅に唄あり」
  襟裳岬 
  安次と爆弾 
  みんな雪の中 
  蜂屋さんに会った 
  久見に来たよ 
  そこに棲んでたのかい 
  風なんだよ 
  母のいた風景
  祭のあと
  また赤い皮のブーツをはいた
  レコードのように廻っている
  キッドブラザースに会った
  風街ろまん
  窓から十和田湖を見ていた
  坑夫の住む町
  落陽
  智ちゃんのブルース
  鉄兵のブルース
  しらふは淋し、酔えばせつなくて
  ウニャさんの笛を聴いたあとで
  喫茶店に座りこんで
  あとがき

第2章 岡本おさみのフォーク談義
  第1部 襟裳岬
  第2部 知名定男、淡谷のり子、高倉健、宇崎竜童、桃井かおり、南こうせつ etc.

第3章 岡本おさみが語る『わが詩』
 吉田拓郎編
  花嫁になる君に
  旅の宿
  祭りのあと
  都万の秋
 南こうせつ編
  こんな静かな夜
  野にあるものの衣着て

第四章 岡本おさみがつなぐ人たち(寄稿)
  南こうせつ(シンガーソングライター)
  田家 秀樹(音楽評論家)
  長谷川泰二(とっとりコンベンションビューロー前理事長)

岡本おさみ作品一覧(本書に収録分のみ)


本書に登場する主なアーティスト、著名人
<第一章 旅に唄あり>

吉田拓郎、南こうせつ、高倉健、森進一、松本隆、長谷川きよし、山田パンダ、南正人、小室等、田村仁(タムジン)、開高健、谷川俊太郎、高田渡、友部正人、大橋純子、秋田明大、東由多加、悠木千帆、坪田直子、加藤登紀子、森谷司朗、秋吉久美子、児島鉄兵、ウニャ・ラモス、佐渡山豊、中山ラビ、西岡恭蔵、友川かずき、吉田日出子、中川五郎、野坂昭如、天地総子、なぎらけんいち、徳久広司、加川良、ソルティー・シュガー、和田誠、阿波根昌鴻、桜井久美、村岡健、高島忠夫、池部良、佐野厚子、岡本克己、はっぴいえんど、森谷司郎、秋吉久美子、あんぜんバンド、北炭生、シバ、岩井宏、吉川忠英、村上律、泉谷しげる、瀬戸口修、田端義夫、小柳ルミ子、山下成司、鷹魚剛、花柳幻舟、ジョニー大倉、パンタ、三井マリア、仲田絵二、桃井かおり、ローリング・ストーンズ、ミック・ジャガー、四谷シモン、唐十郎、草野心平、金子光晴、井伏鱒二、丸谷才一、奥村康人

<第二章 岡本おさみのフォーク談義>
吉田拓郎、南こうせつ、片岡鶴太郎、水谷豊、小林桂樹、五木寛之、奥村康人、ソルティー・シュガー、高橋隆、森山良子、石川鷹彦、安田裕美、吉川忠英、小澤征爾、團伊玖磨、筑紫哲也、ネーネーズ、知名定男、淡谷のり子、永六輔、太地喜和子、桃井かおり、イッセー尾形、大竹しのぶ、アレキサンドル・ダリエ、蜷川幸雄、時任三郎、岸田智史、松任谷由実、上田正樹、鈴木キサブロー、宇崎竜童、竜童組、ブルース・スプリングスティーン、トレーシー・チャップリン、ボブ・マーリー、ボブ・ディラン、南育代、岡本克己

<第三章 岡本おさみが語る『わが詩』>
「花嫁になる君に」 吉田拓郎、ジミー時田、榊原るみ、ピーター・ポール&マリー、六文銭、
ブレッド&バター、高橋竹山、美輪明宏、古舘伊知郎、マルセ太郎
「旅の宿」 吉田拓郎、岡部まり
「祭りのあと」 吉田拓郎、浅田次郎、吉野弘、安西均
「こんな静かな夜」 南こうせつ、南育代、田村仁、上田正治、ARB、石橋凌、原田美枝子
「野にあるものの衣着て」 ジョン・デンバー、田中タケル、オリビア・ニュートン・ジョン、 Joe Henry、庄司明弘

<第四章 岡本おさみがつなぐ人たち(寄稿)>
吉田拓郎、南こうせつ、かぐや姫、荒木とよひさ、山川啓介、チューリップ、浜田省吾、喜多條忠、尾崎豊


★山陰中央新報のサイトでは「旅に唄あり」(復刻新版)に関する最新情報を更新していきます。