鈴木 美勝氏
鈴木 美勝氏

安倍政権を総括し、新政権の外交・内政を展望!

 講 師 ジャーナリスト 鈴木 美勝氏

 演 題 「ポスト安倍政治の課題と内外展望」

山陰中央新報社の「米子境港政経クラブ」「島根政経懇話会」は、2020年9月15日(火)16日(水)に定例会を開催します。今回は、外交・内政に詳しいジャーナリストの鈴木美勝氏を講師に迎え、「ポスト安倍政治の課題と内外展望」と題してお話しいただきます。

 安倍晋三首相が8月28日、辞任を表明しました。連続在職日数の最長記録を更新し、一時は「安倍1強」と呼ばれる盤石の権勢を誇りましたが、突然の幕切れとなりました。

 今回講師に迎える鈴木さんは、東京・永田町での取材歴が長く、国内唯一の外交専門誌「外交」の編集長も務めるなど、外交・内政に詳しいジャーナリストです。

 講演では、安倍最長政権の総括・分析のほか、それらを踏まえた新政権の外交、内政を中心に展望していただきます。ご期待ください。

<鈴木 美勝氏のプロフィール>

講師略歴 茨城県生まれ。慶大SFC研究所上席所員。1975年に早大政経学部を卒業し、時事通信社に入社。55年体制下の政局、外交安全保障問題などを幅広く取材。ワシントン特派員を経てニューヨーク総局長(米国時事社長)、専門誌「外交」編集長。現在はフリーのジャーナリストとして取材・執筆活動を行う。「小沢一郎はなぜTVで殴られたか」「日本の戦略外交」など著書多数。

(本会は会員制です)

■政経懇話会のページへ↓

https://www.sanin-chuo.co.jp/seikeikon/