草刈り応援隊を結成したメンバー=浜田市三隅町井野
草刈り応援隊を結成したメンバー=浜田市三隅町井野

 高齢化が進む中山間地域の浜田市三隅町井野地区で、草刈りの個人負担を減らそうという草刈り応援隊が結成された。住民有志14人が協力して地域の農地を守る。

 応援隊は7月に結成。事務局を務める飛野弘二さん(76)によると、井野地区では住民の高齢化で体力的に草刈りのできる人が不足。広い農地を持つ住民は手が回らず、草が伸びて管理に苦労している。景観保全や鳥獣被害防止の観点からも草刈りは欠かせないという。

 活動は住民からの要請を受けて有償で行い、週末を中心に月3回程度のペース。16日には、特製ジャンパーを身に着けた隊員たちが井野地区のゲートボール施設付近で草刈り機を握り、2時間汗を流した。

 隊長の野上博行さん(54)は「荒れ地ができないよう、草を刈って集落を守りたい」とやる気を見せる。
      (宮廻裕樹)