第五章 都落ち(四十七) 「新中納言、手間を掛けるな。帝が朕から離れたくないと、泣いておられるのよ」  後白河法皇は真に困ったように言った。  要は帝が駄々をこねていると言いたいのだ。...