2期目最終年を迎えた久保田章市市長は、結婚や出産に現金を給付する事業を新たに始め、若者の生活を下支えする施策を並べた。ただでさえ落ち込む基幹産業の担い手をどう支え、発展させるのかがなお見えない...