文部科学省は12日、高校時代の学習や部活動、ボランティアなどの記録を大学入試に活用する「主体性評価」の在り方に関する有識者会議で、家庭の経済状況や居住地による格差に配慮することが必要との「審議...