島根県庁(左)と鳥取県庁
島根県庁(左)と鳥取県庁

 鳥取県は13日、4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも米子保健所管内で、12日の検査で確認された。島根県は12日の検査で感染者は確認されなかった。県立中央病院(出雲市姫原4丁目)は13日、院内での感染の収束を宣言した。

 鳥取県の4人は県外の男性会社員1人と居住地、性別非公表の50代1人、居住地、年代、性別非公表の2人。いずれも、これまでに判明している感染者の濃厚接触者か接触者という。

 県内の累計感染者数は1658人。13日午前0時時点の入院者は10人で、確保病床(337床)の使用率は3・0%。宿泊療養者と自宅療養者はいない。

 島根県内の累計感染者数は1633人のまま。13日午後4時時点の入院者数は9人。確保病床(324床)の使用率は2・8%、即応病床(196床)の使用率は4・6%。宿泊、自宅療養、重症者はいない。

 県立中央病院では9月25日に職員1人、同28日には入院患者1人の感染を確認。その後、陽性者と接触があった職員108人、患者148人全員の陰性を確認し、28日以降2週間、新たな感染者は確認されていない。
      (福間崇広)