松江市    竹崎  進 87歳  受話器の向こうから「進ちゃんだ…」。懐かしい声の主は、少年時代そのもののK君だった。「まめなかや(元気ですか)」だけで、思い出が言葉と一緒になって映像も...