ショッピングセンター「サンプラム」を譲渡し、会社整理を進めていたMP(浜田市三隅町三隅、岩谷百合雄代表清算人)が松江地裁浜田支部から特別清算の開始決定を受けたことが21日、代表清算人などへの取材で分かった。負債総額は約1億7千万円。

 帝国データバンクなどによると、1994年に組合員8店で協同組合三隅プラザを設立し、営業を開始。商圏人口の減少や購買の地元外流出などで売り上げ減少に歯止めがかからず、自力再建を断念した。清算手続きのため、今年4月にMPに組織変更していた。

 店舗と従業員は地場スーパーのキヌヤ(益田市常盤町)が20年7月に引き継ぎ、サンプラム店として営業している。

     (村上栄太郎)