外来の薬用および園芸植物。日本への渡来は遣唐使が種子を薬として持ち帰ったのが最初という。現在でも「牽牛子(けにごし)」の名で生薬として用いられるが、毒性が強いため素人が扱えるものではない。江戸...