2区で区間賞を獲得した順大の三浦龍司(左から2人目)=名古屋市(代表撮影)
2区で区間賞を獲得した順大の三浦龍司(左から2人目)=名古屋市(代表撮影)

 東京五輪陸上男子3000メートル障害で7位入賞を果たした順大の三浦龍司(浜田東中ー京都・洛南高出)が7日、全日本大学駅伝(8区間、106・8キロ)の2区(11・1キロ)に登場。9人抜きの快走で区間賞に輝いた。

 10番目でたすきを受けた三浦は、後半に加速しチームを一気に首位に押し上げた。10月の出雲駅伝は大事を取って欠場したが、五輪で見せたラストスパートは健在。年明けの箱根駅伝に向け、弾みを付けた。