女性写真愛好家の作品を飾った会場=益田市常盤町、キヌヤ益田ショッピングセンター
女性写真愛好家の作品を飾った会場=益田市常盤町、キヌヤ益田ショッピングセンター

 日本遺産認定のストーリー「中世日本の傑作 益田を味わう」を盛り上げようと、歴史的建造物や史跡で撮影した写真の展示会が、益田市常盤町のキヌヤ益田ショッピングセンターで開かれている。感性あふれる作品の数々が、来場者の関心を呼んでいる。23日まで。入場無料。
 市内で活動するカメラ女子グループ「ふぉとみ」(友重明美代表)が主催。2021年秋のカメライベントで市在住の女性24人が切り取った作品を中心に並べた。日本遺産の構成文化財の櫛代賀姫神社で子どもが楽しそうに遊ぶ様子や、万福寺と澄んだ空を絡めた構図が目を引く。
 お気に入り写真をプリントしたシャツも飾った。友重代表は「女性写真愛好家が楽しみながら撮影した作品を見てもらい、日本遺産のPRと益田の発展につなげていきたい」と話した。
 展示会は午前9時~午後5時。1月26日~2月28日は益田市乙吉町の雪舟の郷記念館で開く。
 (石倉俊直)