自己を護(まも)り、正しい念(おも)いをたもてば、汝(なんじ)は安楽に住するであろう。 (釈(しゃ)迦(か))  <解説>自己を護るとは、正しい道を基準に、ときには自ら反省し軌道修正し、...