1947年。16歳になった大塚康生が暮らす山口市内でも徐々に「ニッサン」や「いすゞ」など日本製の新しいバスやトラックが増え始め、戦後復興の息吹が町にあふれた。  毎日のようにスケッチを繰...