鳥取県庁
鳥取県庁

 鳥取県と鳥取市は14日、3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち1人は同市立桜ケ丘中学校(鳥取市桜谷)の生徒。クラスター(感染者集団)が発生した鳥取商業高校の生徒の濃厚接触者だった。

 桜ケ丘中は15~19日に臨時休校とする。14日に共有スペースなどを消毒した。市保健所は濃厚接触者の特定を進めており、15日以降に生徒や教職員のPCR検査を行う。

 ほかの感染者のうち、米子市在住の20代男性は陽性者の濃厚接触者。鳥取市在住の60代男性は、感染者との接触は確認されていない。県内の累計感染者は425人となった。

 県は14日、対策本部会議を開催。緊急事態宣言が周辺の岡山、広島両県に拡大される見込みとなったことを受け、平井伸治知事は危機感をあらわにした。「よっぽど警戒レベルを上げないといけない」と述べ、感染予防の徹底や山陰両県と兵庫県北部2町を除く県外への不要不急の往来自粛をあらためて県民に求めた。