本や漫画が増えていませんか。片付けのポイントは手放す基準をつくること。本棚に入る分だけを手元に残します。料理などの実用書なら日常的に使うものだけに。読んでいない、途中で挫折した、電子書籍や図書...