車両をバックにポーズを取るモデル=出雲市平田町、雲州平田駅
車両をバックにポーズを取るモデル=出雲市平田町、雲州平田駅

 一畑電車の魅力発信のため、車内や駅構内で女性モデルを撮影するイベントが12日、出雲市平田町の雲州平田駅であった。山陰両県内外から参加した写真愛好家14人が、レトロな車両などを生かして4人のモデルのベストショットを狙った。

 参加者はモデルごとに4班に分かれ、日本最古級の「デハニ50形」などの車両内や車両を背にポーズを取るモデルにカメラを向けた。表情や目線、手の位置など細かな指示をモデルに出しながら盛んにシャッターを切った。

 出雲市大社町杵築南の会社員川上淳さん(63)は「デハニ50形をバックにいい写真が撮れた。写真を活用して魅力発信の助けに少しでもなればいい」と話した。

 撮影会は電車の利用促進につなげようと一畑電車(出雲市平田町)が企画し4回目。松江市上乃木4丁目のモデルスタジオミューズが協力した。(月森かな子)