【65】  第三章 相国墜つ(五) 「腕を上げた」 「まだまだでございます。先日も能(の)登(との)守(かみ)様に三つ数える前に敗れましたので」 「あやつと比べるな」  知盛は苦く笑った...