イメージ
イメージ

 ■松江市がごみ袋無料配布 松江市が被災した市民を対象に、家屋や敷地内に流入した草木、土砂などを入れるためのごみ袋を、市内8支所と市環境センター(松江市学園南1丁目)で無料配布する。

 罹災(りさい)証明書か被災届出証明書の提出が必要で、希望者は土日祝日を含む午前8時半~午後5時15分に市リサイクル都市推進課に申し込む。ごみ袋は市で以前使っていた袋と土のう袋があり、各支所が平日、環境センターが土日祝日を含め、いずれも同時間帯に配布する。

 歩行者や車の通行に影響がない自宅周辺にごみ袋を出せば市が収集に向かう。

 水没した家具なども回収するほか、ごみ処理施設のエコクリーン松江(松江市鹿島町上講武)では、窓口で「水害ごみ」と伝えて証明書を提示すれば、平日午前9時~午後4時に無料で自己搬入を受け付ける。

 問い合わせ先はリサイクル都市推進課、電話0852(55)5279。

 ■安来市が災害ごみ無料受け入れ 安来市が、被災世帯・事業所の水没した家財や備品などの災害ごみの無料受け入れを始めた。

 可燃ごみは清瀬クリーンセンター(清瀬町)で月-金曜日、不燃ごみは高尾クリーンセンター(同)で月-日曜日に受け入れる。開場時間は両施設とも午前8半~正午、午後1時~4時。清瀬クリーンセンターは祝日も開場する。

 搬入前に市環境政策課に連絡し、市職員による現地確認を受ける必要がある。事前予約と問い合わせは市環境政策課、電話0854(23)3100。

 ■雲南市営住宅、無償貸し出し 大雨被害を受け、雲南市が市営住宅の無償貸し出しを始めた。市が発行する罹災証明書の交付を受けた被災者が対象となる。

 木次、三刀屋、吉田、掛合、加茂の5町の計23戸を用意した。家賃、駐車場代を全額免除するほか、敷金、退去時の修繕費も不要。申請には罹災証明書と入居者全員の住民票の写しが必要となる。

 問い合わせは市建築住宅課、電話0854(40)1065。受付時間は平日の午前8時半~午後5時15分。