「大きなおなかを抱えて歩いてみたい」。ずっと、そう思っていました。生まれてくる子供を思い、未来を想像し、期待を胸に日々を過ごしてみたい、と。  そんな時、私に見つかったのは子宮頸(けい)がん...