鳥取県庁
鳥取県庁

 新型コロナウイルスの感染急拡大に伴い、米子市中心部の飲食店に出している営業時間の短縮要請について、鳥取県は2日、予定通り3日に終えると発表した。対象区域内で新たな感染者が確認されておらず、飲食店経由の発生を抑制できたと判断したため。

 県と市は2日の協議で、市内飲食店で直近6日間、陽性者が出ていないことなどを踏まえ、感染拡大の波を抑えられたと分析。成果が得られたとして期限通り終えることで合意した。

 再度、急拡大した場合について平井伸治知事は「時短要請などを躊躇(ちゅうちょ)なく出していく」と述べた。

 県は7月21日、JR米子駅前と市繁華街を区域に、営業時間を午後8時までに短縮するよう要請。2週間を期限とし、臨時休業も含め、応じた場合、日額最大20万円の協力金を用意した。

 県によると、食品衛生法に基づく営業許可を取得した飲食店、喫茶店、カラオケ店など対象500店舗のうち、94%に当たる470店舗が時短営業や臨時休業で応じた。

 午後8時以降に閉めていたものの、応じたかどうかの確認が取れないのが26店舗あり、残る4店舗は通常営業を続けた。

 協議では、県西部で県外との往来に起因する感染者が散発的に確認されているとして、会話する場合のマスクの着用、換気の徹底など、飲食店に感染防止対策をあらためて呼び掛けることを確認した。
      (藤井俊行)