東日本大震災から10年にわたり時を刻み続けてきた冊子がある。「塔短歌会」の東北にゆかりのある歌人らが、震災を詠んだ短歌をまとめて毎年発行。「○○日目」というタイトルが〝あの日〟からの時間を表す...