新人作家の小説を読む喜びとは何か。未来が感じられることだ。「デビュー作にその後のすべてがある」とはよく言われるが、新人は存在が「未来」そのものだ。  本書は藤原無雨のデビュー作である。物語は...