名の由来は赤紫の花色よる。丈夫で育てやすく、種でもよく増えることもあり、古くから園芸植物として親しまれてきた。あまりに普及しすぎて野生種との区別がつきにくくなり、本来の自生地がよくわからないほ...