【ジュネーブ共同】国連専門機関の世界保健機関(WHO)と国際労働機関(ILO)は、労働による傷病が元で、2016年に世界で190万人が死亡したとの推計を公表した。死亡の危険性を高める最大の要因...