第31回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞 表彰式

5団体・10個人 飛躍誓う               (2020/2/27)

第31回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞の表彰を受けた選手の皆さん=松江市殿町、山陰中央新報社

  第31回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞の表彰式が26日、松江市殿町の山陰中央新報社であり、2019年の全国規模の大会で特に優秀な成績を収めた島根県内の中学、高校の5団体、10個人に表彰状と記念盾が贈られた。次代を担う選手たちは、さらなる飛躍を誓った。

 表彰式には受賞者、指導者など約30人が出席。山陰中央新報社の松尾倫男社長が「皆さんが競技に励む姿が、地域のエネルギーになっている」とあいさつ。選考委員長の斎藤重徳島根大名誉教授は選考経過を報告し、「県勢のレベルが上がっていると感じる。受賞を糧に一層精進してほしい」と激励した。

 昨年10月の茨城国体ボート少年男子シングルスカルで優勝した小野田空羽(くう)選手(松江高専3年)が、受賞者を代表して「さらに上のステージで活躍するとともに、ボート競技の発展に向けて精進したい」とあいさつした

 同賞は、島根県、県体育協会、県高校体育連盟、県中学校体育連盟の推薦を受け、6人の選考委員が「個人は中学、高校を通じて1回」などの規定に沿って選んだ。

受賞者の横顔

第31回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞

 5団体、10個人が受賞                (2020/1/22)

 島根県内の中高生を対象に2019年の全国規模のスポーツ大会で特に優秀な成績を収めた団体、個人を表彰する第31回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞の選考会が21日、松江市殿町の山陰中央新報社であり、5団体、10個人の受賞が決まった。表彰式は2月26日に同社である。

 5団体の内訳は高校3、中学2。高校は全国高校総体カヌースプリント男子カヤックフォア500メートル2位の島根中央男子カヌー部と、同総体ボート女子かじ付き4人スカル2位の松江北女子ボート部、全国U18女子セブンズラグビー大会2連覇の石見智翠館女子ラグビー部が選ばれた。

 中学はジュニアオリンピックカップ全国中学生なぎなた大会で団体試合優勝の出雲北陵女子なぎなた部と、横田と仁多で編成され都道府県対抗11人制ホッケー選手権2位の県選抜男子に決まった。

 高校の個人は、茨城国体で正式種目となった少年男子ビーチバレーで2位の藤原健斗・江隅孝太ペア(大東)や、ライフル射撃のジュニアオリンピックカップ女子ビームピストル60発で優勝した羽田向日葵(立正大淞南)ら6人を選出。

 中学個人は、全国中学校体育大会の陸上男子400メートルで自身の持つ中学山陰記録を更新して頂点に立った山崎琉惟(出雲三)、全日本武術太極拳選手権男子こん術Bで県勢初優勝した高梨航希(松江四)など4人とした。

 選考は県、県体育協会、県高校体育連盟、県中学校体育連盟から推薦された団体、個人が対象。個人表彰は中学、高校を通じて1回などの規定に基づき、島根大名誉教授の斎藤重徳委員長ら6人の選考委員が協議した。

第31回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞 受賞者の横顔

  第31回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞は島根県内の中高生の中から、2019年の全国規模のスポーツ大会で特に優秀な成績を収めた5団体、10個人が選ばれた。

 内訳は団体が高校3、中学2、個人は高校6人、中学4人。中学はお家芸のホッケー、なぎなたで全国トップクラスの成績を残し、女子ラグビーの石見智翠館高は2連覇を達成した。カヌースプリントは島根中央勢が団体、個人ともに受賞した。陸上で中学2人の活躍も光った。

 受賞団体、個人を紹介する。

島根中央高男子カヌー部

全国高校総体のカヌースプリント男子カヤックフォア500メートルで2位に入った島根中央=2019年8月4日、伊佐市菱刈カヌー競技場

総体でトップと僅差2位

 全国高校総体(8月)のカヌースプリントカヤックフォア500メートルで島根中央が2位に入った。  小鑓亮太、中野湧太、平田修希、斎藤哲一の4人で出場。スタートダッシュを決めて逃げ切りを図り、400メートル地点まではトップを維持した。抜かれても集中し、1位と0秒948差の1分35秒774でゴール。川本と邑智の統合で開校した2007年以降、同競技で初のメダル獲得となった。ほか1種目で入賞し、10月の国体でも活躍した。

松江北高女子ボート部

全国高校総体のボート女子かじ付き4人スカルで2位となり、喜ぶ松江北の選手たち=2019年8月20日、菊池市斑蛇口湖ボート場

総体 種目で山陰勢最高の2位

 全国高校総体(8月)のボート女子かじ付き4人スカルで松江北が2位に入った。普段は後半型のチーム。強豪がそろう準決勝以降は前半から全力でこぐ作戦に出た。準決勝は組1着とすると、4艇で争う決勝もスタートダッシュに成功。息の合ったオールさばきを見せ、首位と1艇身差の3分31秒62でフィニッシュした。
 3月の全国選抜大会で入賞を逃した悔しさをばねに、2001年に始まった女子の同種目で山陰両県勢最高成績を収めた。

石見智翠館高女子ラグビー部

2連覇を果たした石見智翠館高のメンバーら=2019年10月27日、熊谷ラグビー場

全国U18 貫禄の2連覇

 7人制ラグビーの第2回全国U18(18歳以下)女子セブンズラグビー大会(10月)で、石見智翠館高(中国ブロック)が2連覇を果たした。
 全国9ブロックから12チームが出場。3チームによる予選プールを危なげなく突破すると、福岡レディース(九州ブロック)との準決勝は前半の2トライなどで逃げ切った。関東学院六浦高(関東ブロック)との決勝は前半の3トライで主導権を握り、後半も攻撃の手を緩めず36―0で完勝した。

出雲北陵中女子なぎなた部

JOCジュニアオリンピックカップ全国中学生なぎなた大会の団体試合で優勝した出雲北陵中のメンバー=2019年7月28日、福井県立武道館

全国大会 団体で初優勝

 なぎなたのJOCジュニアオリンピックカップ第27回全国中学生大会(7月)の団体試合で出雲北陵中が初優勝した。
 メンバーは福間日南子、川上友凪、豊田詩月、手銭優果。2回戦から登場し、全試合を通して隙のない試合運びで勝ち進んだ。武陵館中嶋道場(福井)との決勝は福間、川上ともに引き分けに終わったが、最後は大将の豊田がスネを決めて1-0で競り勝った。

中学ホッケー男子島根選抜

全日本中学生都道府県対抗11人制ホッケー選手権で準優勝した男子の島根選抜=2019年11月10日、越前町営朝日総合運動場

全国対抗戦 惜しくも準優勝

 ホッケーの第20回全日本中学生都道府県対抗11人制選手権で、島根男子が前回の3位を上回り、準優勝した。
 21チームによるトーナメント戦で2回戦から登場した。準々決勝は長谷川柊、安部拓翔主将が得点し、栃木を完封。前回優勝の福井との準決勝は、佐伯昂大の2得点で接戦を制した。2年ぶり6度目の優勝を目指し、滋賀と対戦した決勝は互いに譲らず、スコアレスでシュートアウト(SO)戦に突入。3―5で惜敗した。

高校カヌースプリント
斎藤哲一、行田朋晃(島根中央)

茨城国体のカヌー少年男子スプリント・カヤックペア200メートル決勝で2位に入った斎藤哲一(左)、行田朋晃(島根中央高)ペア=2019年10月7日、神之池特設カヌー競技場

 1年生ペア 国体2位

   茨城国体のカヌー少年男子スプリント・カヤックペア200メートル(10月)で斎藤哲一・行田朋晃(島根中央高)の1年生ペアが2位に入った。
 決勝はスタートを成功させて勢いに乗った。向かい風が吹く難しいコンディションの中、船体を安定させ、先頭に躍り出るなど先頭争いを演じた。ラストに強い滋賀に残り50メートル付近でかわされ、0秒783差の38秒733で優勝は逃したものの、同種目500メートルの3位に続く上位入賞となった。

高校ビーチバレー
藤原健斗、江隅孝太(大東)

茨城国体のビーチバレー少年男子で準優勝した藤原健斗(右)・江隅孝太ペア(大東高)=2019年9月16日、大洗サンビーチ特設会場

国体初種目 見事な準優勝

 茨城国体のビーチバレー少年男子(9月)で藤原健斗・江隅孝太ペア(大東高)が準優勝した。  2人制で2017年に正式種目となり、少年男女は国体初実施。砂の上で動きにくく、部活動で取り組んできたバレーボールとは運動量が段違いで、連戦の疲労もあったが一戦ごとに成長した。雨と強風の中であった沖縄との決勝はリードを許す展開が続き、惜しくも敗戦。しかし、同じ中学時代から築いた信頼関係とスタミナを武器にした戦いは見事だった。

中学武術太極拳・高梨航希(松江四)

全日本武術太極拳選手権男子棍術で優勝した高梨航希(松江四)=2019年7月14日、ジップアリーナ岡山

全国男子棍術 県勢初の頂点

 武術太極拳の全日本選手権男子棍術(7月)で高梨航希(松江四中)が島根県勢初優勝を果たした。
 武術太極拳はカンフーとも言われ、棍と呼ばれる棒を使い演技する棍術には社会人ら35人が出場。決められた型の正確さや力強さ、表現力などを5人の審判が10点満点で採点し、最高点と最低点を除く3人の得点の平均で競った。高梨は体を大きく使いスピード感あふれる動きを披露。8.710点と2位に0.01点差の僅差だった。

高校ライフル射撃・羽田向日葵(立正大淞南)

ライフル射撃のJOCジュニアオリンピックカップ女子ビームピストル60発で優勝した羽田向日葵(立正大淞南高)=2019年9月6日、埼玉県秩父市内

JOC杯で大会新優勝

 ライフル射撃のJOCジュニアオリンピックカップ(9月)女子ビームピストル60発で羽田向日葵(ひまり)(立正大淞南高)が大会新の227・5点で優勝した。
 高校入学後に競技を始めた1年生。18人で競う予選を527点で8位通過した。上位8人による決勝では、2位に1・4点差をつけた。茨城国体の少年女子同種目では力を出し切れなかったものの、4位入賞した。高校選抜中国予選は優勝し、全国選抜大会への出場を決めた。

高校ボート・小野田空羽(松江高専)

茨城国体ボート少年男子シングルスカルで優勝した小野田空羽(松江高専)=2019年10月7日、潮来ボートコース

国体V 総体の雪辱果たす

 茨城国体のボート少年男子シングルスカル(10月)で松江高専の小野田空羽(くう)が優勝した。強風のため決勝、5~8位決定戦が中止になり、準決勝で1着に入って優勝を決めた。8月の南部九州総体(インターハイ)では4位だった雪辱を果たした。
 国体は予選でインターハイ優勝者に中盤までリードされたものの逆転。準決勝は、スタートから最後までリードを保った。成年男子での活躍を目指し、練習に励んでいる。

中学なぎなた・橋垣苺佳(斐川西)

JOCジュニアオリンピックカップ全国中学生なぎなた大会の個人試合女子の部で優勝した橋垣苺佳(斐川西)=2019年7月28日、福井県立武道館

全国個人制覇 4度目達成

 なぎなたのJOCジュニアオリンピックカップ第27回全国中学生大会(7月)の個人試合女子の部で、斐川西の橋垣苺佳(もか)(島根県連盟)が初めて頂点に立った。島根県勢の優勝は2年ぶりだった。
 108人のトーナメントで争った個人試合で橋垣は1回戦から全7試合を勝ち抜いた。愛媛の選手との決勝は、延長の末に判定で制した。小学1年生で本格的になぎなたを始めて以来、全国大会での個人優勝は通算4度目となった。

中学陸上・土江真翔(大社)

全国中学校体育大会の陸上男子棒高跳びで優勝した土江真翔(大社)=2019年8月23日、ヤンマースタジアム長居

自己記録を更新し全国2位

 全国中学校体育大会の陸上男子棒高跳び(8月)で土江真翔(まなと)(大社)が4メートル35で2位に入った。
 初めての全国大会に緊張しながらも、前日の予選は自己記録の4メートル20を跳び、決勝に駒を進めた。決勝は4メートル10、4メートル20に続き、自己ベストの4メートル30も一発でクリア。4メートル35は2回失敗するも「完璧だった」と振り返った最終3回目で成功。4メートル40は3回失敗し、優勝には届かなかったが、うれしい銀メダルとなった。

中学陸上・山崎琉惟(出雲三)

全国中学校体育大会の陸上男子400メートルで優勝した山崎琉惟(出雲三)=2019年8月24日、ヤンマースタジアム長居

歴代7位タイムで全中圧勝

 全国中学校体育大会の陸上男子400メートル(8月)で山崎琉惟(るい)(出雲三)が48秒58をマークし、同種目で島根県勢初優勝を果たした。陸上での県勢の優勝は3年ぶりだった。
 準決勝は、自身の持つ中学山陰新を上回った前日の予選よりも速い49秒04で走り、決勝に進出。抑え気味に入った決勝は、残り100メートルでスピードを上げて抜け出し、2位に0秒81の大差をつける圧勝。優勝タイムは中学歴代7位に当たる好記録だった。

第31回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞 選考委員(順不同)

島根大学名誉教授 斎藤 重徳氏
島根県環境生活部スポーツ振興監 佐藤 正範氏
島根県体育協会専務理事 安井 克久氏
島根県スポーツ推進委員協議会会長 森本 敏雄氏
島根県高等学校体育連盟会長 津森 敬次氏
島根県中学校体育連盟会長 古藤 浩夫氏