第33回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞 表彰式

7団体6個人を表彰               (2022/2/26)

第33回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞の表彰を受けた選手の皆さん=松江市殿町、山陰中央新報社

 第33回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞の表彰式が25日、松江市殿町の山陰中央新報社であり、2021年の全国規模の大会で特に優秀な成績を収めた島根県内の中学、高校の7団体、6個人に表彰状と記念盾が贈られた。次代を担う選手たちは、一層の飛躍を誓った。

 表彰式には受賞者、指導者など約40人が出席。山陰中央新報社の松尾倫男社長が「コロナ禍で活躍の舞台が制限される中で、皆さんは大変な苦労をして、良い成績を残された。今後の活躍を期待している」とあいさつ。選考委員長の斎藤重徳島根大名誉教授が選考経過を報告した。

 昨年8月の第43回全国中学校軟式野球大会で島根県勢として初優勝を果たした大田第二中学校野球部の勝部友悠前副主将が、受賞者を代表して「培った経験を生かし、日々の努力を大切にして、どんなことも乗り越えていく」とあいさつした。

 受賞者は、島根県、県体育協会、県高校体育連盟、県中学校体育連盟の推薦を受け、6人の選考委員が「個人は中学、高校を通じて1回」などの規定に沿って選んだ。

 受賞団体、個人は次の通り。(敬称略)



 【団体】横田高校男子ホッケー部▽島根中央高校男子カヌー部▽島根中央高校女子カヌー部▽石見智翠館高校女子ラグビー部▽大田第二中学校野球部▽出雲北陵中学校なぎなた部▽横田中学校女子ホッケー部

 【個人】ライフル射撃・尾崎星那(立正大淞南高校3年)▽同・横山昂平(同)▽カヌースプリント・三島まりあ、橋本寧々(出雲農林高校2年)▽自転車・落合思誉運(松江養護学校高等部2年)▽陸上・別所みゆ(大社中学校3年)▽フェンシング・周藤美月(島根大付属義務教育学校後期課程3年)

受賞者の横顔

第33回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞

 7団体、6個人受賞               (2022/1/27)

 島根県内の中高生を対象に2021年の全国規模のスポーツ大会で特に優秀な成績を収めた選手、チームを顕彰する第33回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞の選考会が26日、松江市殿町の山陰中央新報社であり、7団体、6個人の受賞が決まった。

 7団体の内訳は高校4、中学3。高校は全国高校総体のホッケーで優勝した横田男子、カヌースプリントカヤックフォア200メートルを制した島根中央男子、カヤックフォア500メートル2位の島根中央女子、全国U18セブンズラグビー大会準優勝の石見智翠館女子が選ばれた。

 中学は全国中学校体育大会の軟式野球で山陰両県勢として初めて優勝した大田二、全国中学生なぎなた大会の団体を制した出雲北陵女子、全日本中学生ホッケー選手権で準優勝した横田女子に決まった。

 6個人の内訳は高校4、中学2。高校は、全日本自転車競技選手権マウンテンバイク・ダウンヒル競技男子ユースの部(17歳未満)で頂点に立った落合思誉運(松江養護学校高等部)、全国高校総体カヌースプリント女子カヤックペア500メートルで優勝した出雲農林の三島まりあ・橋本寧々組、ライフル射撃のJOCジュニアオリンピックカップ少年男子ビームライフル60発で2位の尾崎星那(立正大淞南)、同ビームピストル60発で2位の横山昂平(同)が選出された。

 中学はJOCジュニアオリンピックカップU16陸上競技大会女子100メートル障害で2位の別所みゆ(大社)、全国中学生フェンシング選手権女子サーブルで2位の周藤美月(島根大付属義務教育学校後期課程)に決まった。

 選考は県、県体育協会、県高校体育連盟、県中学校体育連盟から推薦された団体、個人が対象。島根大名誉教授の斎藤重徳委員長をはじめ6人の選考委員の協議で決定した。表彰式は2月下旬にある。(三浦純一)

 他の選考委員は次の皆さん。

 佐藤正範(県スポーツ振興監)安井克久(県体育協会専務理事)久家彰(県スポーツ推進委員協議会会長)宇津誠(県高校体育連盟会長)安達正治(県中学校体育連盟会長)

第33回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞 受賞者の横顔

 第33回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞は、島根県内の中高生の中から、2021年の全国規模のスポーツ大会で特に優秀な成績を収めた7団体、6個人が選ばれた。

 内訳は団体が高校4、中学3、個人は高校4、中学2。過去の各種大会でも強さを発揮してきたホッケー、なぎなた、カヌー、ラグビーで全国トップクラスの成績を残した。全国中学校体育大会の軟式野球で大田二が県勢初制覇を果たし、陸上や自転車、フェンシング、ライフル射撃で個人の活躍が光った。

 受賞団体、個人の足跡を紹介する。

横田高男子ホッケー部

全国高校総体でシュートアウト戦を制して優勝が決まり、喜ぶ横田男子のメンバー=2021年8月18日、富山県小矢部市・小矢部ホッケーフィールド

10年ぶりの総体優勝

 全国高校総体(8月)のホッケーで、男子の横田が10年ぶり6度目の優勝を果たした。

 雨天による会場変更の影響で決勝が行われず、男女とも準決勝の勝者2校が優勝となった。28チームによるトーナメント戦で、横田は1、2回戦ともに大量点を挙げて相手に得点を許さず、危なげなく勝ち上がった。

 準々決勝は接戦の末に岐阜総合学園を3-2で破った。天理(奈良)と対戦した準決勝は、2-2からのシュートアウト戦を3-1で制し、勝負強さを見せた。

島根中央高男子カヌー部

全国高校総体のカヌースプリント・男子カヤックフォア200メートルで優勝した島根中央=2021年8月21日、福井県あわら市・北潟湖特設競技場

息合わせインターハイV

 全国高校総体(8月)のカヌースプリント・男子カヤックフォア200メートルで、島根中央が優勝した。

 小鑓亮太、斎藤哲一、行田朋晃、大見省吾の4人で出場。息の合ったパドリングでスタートから前に出ると、そのまま逃げ切って35秒194でレースを制した。4人は、カヤックフォア500メートルでは2位に入った。

 斎藤・小鑓のペアは、男子カヤックペアの200メートルと500メートルでも2位と活躍した。行田、斎藤、小鑓はジュニア世界選手権(9月、ポルトガル)にも出場し、力を磨いた。

島根中央高女子カヌー部

全国高校総体のカヌースプリント・女子カヤックフォア500メートルで2位に入った島根中央(写真奥)=2021年8月19日、福井県あわら市・北潟湖特設競技場

勢いに乗って全国2位

 全国高校総体(8月)のカヌースプリント・女子カヤックフォア500メートルで、島根中央が2位に入った。

 橋本茉音、松岡華加、山根陽菜子、和泉凛音の4人でレースに臨み、予選と準決勝をともに組1位で突破し、勢いに乗った。決勝でも力強いパドルさばきを見せ、1位の宮崎商に0.787秒の差の2分1秒550でゴールした。

 4人はカヤックフォア200メートルにも出場し、44秒959で3位に入った。

石見智翠館高女子ラグビー部

全国U18女子セブンズラグビー大会で準優勝した石見智翠館=2021年10月24日、埼玉県熊谷市・熊谷ラグビー場

U18セブンズで準優勝

 7人制ラグビーの第4回全国U18女子セブンズラグビー大会(10月)で、石見智翠館高が準優勝した。

 決勝トーナメント1回戦は麗沢高(千葉)と対戦。前半を12-7とリードし、後半は相手を無失点に抑えて22-7で勝利した。

 決勝は、昨年の決勝トーナメント1回戦で敗れた関東学院六浦高(神奈川)との再戦となった。前半は0-5とリードを許し、後半に下村真穂のトライなどで一時逆転したが、相手に連続トライを奪われて7-17で敗れた。

大田二中野球部

全国中学校軟式野球大会で初優勝した大田二ナイン=2021年8月25日、千葉県市原市・ゼットエーボールパーク

全国体育大会 初の頂点に

 全国中学校体育大会の第43回全国中学校軟式野球大会(8月)で、大田二中が初優勝を果たした。持ち味の堅い守りで勝ち進み、島根県勢としても初の頂点に立った。

 各地区代表の25校が出場し、中国地区代表の大田二は2回戦から登場。準々決勝でタイブレーク制の延長八回にサヨナラ勝ちするなど、接戦を勝ち上がった。決勝は関東地区代表の上一色(東京)と対戦。四回と七回に適時打で1点ずつ挙げ、先発投手が相手打線を無四球3安打に抑えて2-0で完封勝ちした。

出雲北陵中なぎなた部

JOCジュニアオリンピックカップ全国中学生なぎなた大会で優勝した出雲北陵女子=2021年7月25日、鹿児島市・西原商会アリーナ

貫禄の全国大会2連覇

 なぎなたのJOCジュニアオリンピックカップ第29回全国中学生大会(7月)の試合団体で、出雲北陵の女子が優勝した。新型コロナウイルスの影響で中止となった2020年大会を挟み、2連覇を達成した。

 3人一組の団体には59チームが出場し、トーナメント戦で争った。出雲北陵は中島千絢、佐々木璃子、神野真輝の3年生3人で挑んだ。

 与那原(沖縄)と対戦した決勝は、1-1のタイで迎えた大将戦で、神野が粘り強く攻めて判定勝ちし、優勝を決めた。

横田中女子ホッケー部

全日本中学生ホッケー選手権で準優勝した横田女子の選手ら=2021年8月23日、埼玉県飯能市・阿須運動公園ホッケー場

接戦勝ち上がり 全国2位

 ホッケーのJOCジュニアオリンピックカップ第51回全日本中学生選手権(8月)で、女子の横田が準優勝した。

 24チームが出場し、予選リーグを突破した16チームが決勝トーナメントに進んだ。横田は1回戦をシュートアウト戦の末に制すると、準々決勝、準決勝はともに2-1で勝ち上がった。

 瀬戸(岡山)との決勝は、後半開始直後にペナルティーコーナーからの得点で先制したが、追加点を奪えずに逆転され、1-2で惜敗した。

ライフル射撃・尾崎星那(立正大淞南)

ライフル射撃のJOCジュニアオリンピックカップ少年男子ビームライフル60発で2位になった立正大淞南の尾崎星那(立正大淞南高、左)

JOC杯2位 全国通信3位

 ライフル射撃のJOCジュニアオリンピックカップの少年男子ビームライフル60発で、尾崎星那(立正大淞南高)が625.1点で2位になった。

 大会は、1~3月に全国各地の会場で行った記録を集計する方式で競った。中学生の時に本格的に競技を始めた尾崎は、全国通信ジュニアビームライフル射撃大会(4月)の男子ビームライフル60発では、625.5点で3位に入った。

ライフル射撃・横山昂平(立正大淞南)

ライフル射撃のJOCジュニアオリンピックカップ少年男子ビームピストル60発で2位になった横山昂平(立正大淞南高)

冷静な判断 JOC杯準優勝

 ライフル射撃のJOCジュニアオリンピックカップの少年男子ビームピストル60発で、横山昂平(立正大淞南高)が2位に入った。

 1~3月に全国各地の会場で行った記録を集計し、横山は528点で3位を1点上回った。大阪から同校に入学して競技を始め、冷静な判断ができるのが強み。全国通信ジュニアビームライフル射撃大会(4月)の男子ビームピストル60発は533点で6位だった。

カヌースプリント・三島まりあ・橋本寧々(出雲農林)

全国高校総体のカヌースプリント・女子カヤックペア500メートルで優勝した三島まりあ(左)、橋本寧々の出雲農林ペア=2021年8月19日、福井県あわら市・北潟湖特設競技場

好スタート切り全国V

 全国高校総体(8月)のカヌースプリント・女子カヤックペア500メートルで、三島まりあ・橋本寧々組(出雲農林)が優勝した。

 8艇による予選は組2位、準決勝は9艇で争って組1位で勝ち進んだ。9艇による決勝では好スタートを切り、トップに立った。宮崎商ペアとの終盤の競り合いを制して逃げ切り、2分17秒845でゴールした。

 三島・橋本組は、カヤックペア200メートルでも2位に入り、大舞台で力を発揮した。

自転車・落合思誉運(松江養護学校高等部)

全日本自転車競技選手権マウンテンバイク・ダウンヒル競技男子ユースの部で優勝した落合思誉運=2021年10月24日、山口市・十種ケ峰WOODPARK

接戦制し全日本優勝

 第34回全日本自転車競技選手権マウンテンバイク・ダウンヒル競技(10月)の男子ユースの部(17歳未満)で、落合思誉運(松江養護学校高等部)が優勝した。

 ダウンヒル競技は、山に造られた急斜面のコースを下り、タイムを競う。決勝は1580メートルのコースで5人が争った。落合は平常心を心掛け、2位に0.08秒差の接戦を制した。

 競技を始めてからわずか1年半での大会制覇で、今後の活躍が期待される。

陸上・別所みゆ(大社)

JOCジュニアオリンピックカップU16陸上競技大会の女子100メートル障害で2位に入った別所みゆ(大社中)=2021年10月24日、松山市・愛媛県総合運動公園陸上競技場

シーズン通して結果残す

 JOCジュニアオリンピックカップ第52回U16陸上競技大会(10月)の女子100メートル障害で、別所みゆ(大社中)が14秒05で2位に入った。1位とは0.14秒の差だった。

 別所は、第104回全山陰陸上(4月)の中学女子100メートル障害予選で14秒31の大会新記録をマークし、決勝では追い風2.1メートル参考ながら14秒07で優勝した。

 全国中学大会(8月)では、14秒17で4位に入るなど、シーズンを通して結果を残した。

フェンシング・周藤美月(島根大付)

勝した周藤美月(島根大付属義務教育学校後期課程)=2021年7月22日、東京都・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

順調に勝利し全国2位

 第7回全国中学生フェンシング選手権(7月)の女子サーブルで、周藤美月(島根大付属義務教育学校後期課程、松江フェンシングクラブ)が準優勝した。

 女子サーブルには46人が出場し、周藤は予選プールを6位で突破。33人による決勝トーナメントは初戦の2回戦、3回戦、準々決勝を順調に勝ち上がり、準決勝では予選2位通過の選手を15-10で退けた。決勝は14-15の1ポイント差で惜しくも敗れた。

 女子フルーレは8位入賞した。

第33回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞 選考委員(順不同)

島根大学名誉教授 斎藤 重徳氏
島根県スポーツ振興監 佐藤 正範氏
島根県体育協会専務理事 安井 克久氏
島根県スポーツ推進委員協議会会長 久家  彰氏
島根県高等学校体育連盟会長 宇津  誠氏
島根県中学校体育連盟会長 安達 正治氏