第32回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞 表彰式

受賞の2人 成長誓う               (2021/3/4)

山陰中央新報スポーツ優秀選手賞を受賞した大橋優也選手(左)と小鑓亮太選手=松江市殿町、山陰中央新報社

 島根県内の中高生を対象に2020年の全国規模のスポーツ大会で特に優秀な成績を収めた選手を顕彰する第32回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞の表彰式が3日、松江市殿町の山陰中央新報社であり、ソフトボールの大橋優也選手(三刀屋高校2年)とカヌースプリントの小鑓(こやり)亮太選手(島根中央高校2年)に表彰状と記念の盾が贈られた。

 表彰式には2選手と指導者の計4人が出席。山陰中央新報社の松尾倫男社長が「県民に元気、勇気、感動を与えてもらった」と功績をたたえ、選考委員の吾郷信博・島根県高校体育連盟会長は「一層の精進をして後輩や小中学生の目標となり、今後も大きな舞台で活躍できる選手としての成長を願う」と激励した。

 受賞者のあいさつで、男子U18ソフトボールワールドカップに出場した大橋選手は「大きな経験ができたのはたくさんの方々に支えてもらったからこそ。感謝の気持ちを持ち、成長した姿をプレーで表現する」と約束した。

 カヌースプリント・日本ジュニア選手権カヤックシングル200メートルで2位となった小鑓選手は「昨年は新型コロナウイルスで大会が中止になったが、今年は必ず日本一になりたい」と力を込めて話した。

 同賞は、島根県、県体育協会、県高校体育連盟、県中学校体育連盟の推薦を受け、6人の選考委員の協議で選んだ。
受賞者の横顔

第32回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞

 カヌースプリント小鑓 ソフトボール大橋が受賞               (2021/1/22)

 島根県内の中高生を対象に2020年の全国規模のスポーツ大会で特に優秀な成績を収めた選手、チームを顕彰する第32回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞の選考会が21日、松江市殿町の山陰中央新報社であった。カヌースプリントの小鑓(こやり)亮太(島根中央高2年)、ソフトボールの大橋優也(三刀屋高2年)の両選手が受賞した。

 大津市出身の小鑓は昨年9月、JOCジュニアオリンピックカップ第16回日本ジュニア・ジュニアユース小松大会に出場し、男子カヤックシングル200メートルで2位に輝いた。

 松山市出身で競技経験者の大橋は、ネットで偶然見つけた「しまね留学」に魅力を感じて三刀屋高に入学。同2~3月にニュージーランドであった第13回男子U18ワールドカップに日本代表として優勝を飾り、ホームラン2本を放ち活躍した。

 選考は県、県体育協会、県高校体育連盟、県中学校体育連盟から推薦された団体、個人が対象。島根大名誉教授の斎藤重徳委員長をはじめ、計6人の選考委員の協議によって決定した。表彰式は2月下旬から3月上旬に行う予定。

 他の選考委員は次の皆さん。

 佐藤正範(県スポーツ振興監)安井克久(県体育協会専務理事)森本敏雄(県スポーツ推進委員協議会会長)吾郷信博(県高校体育連盟会長)古藤浩夫(県中学校体育連盟会長)

第32回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞 受賞者の横顔

 島根県内の中高生を対象に2020年の全国規模のスポーツ大会で特に優秀な成績を収めた選手を顕彰する第32回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞の表彰式が3日、松江市殿町の山陰中央新報社である。受賞するカヌースプリントの小鑓亮太(島根中央高2年)とソフトボールの大橋優也(三刀屋高2年)の功績を紹介する。

カヌースプリント・小鑓亮太(島根中央高2年)

海外派遣選手選考会に向け、練習を重ねる小鑓亮太=江の川

日本ジュニア2位の快挙

 2020年9月のカヌースプリント・日本ジュニア選手権カヤックシングル200メートルで2位に入賞した。古里を離れ、競技に集中できる環境と指導を受けながら、目標の世界ジュニア選手権、そして2024年のパリ五輪を目指す。

 大津市出身。兄の影響で小学3年時に競技を始めた。全国中学生体育大会ではカヤックシングル500メートルの年代別3連覇を果たした。「速筋」と呼ばれる筋肉の割合が多く、スタートダッシュが重要になる短距離、特に200メートルを得意とする。

 進学にあたり島根中央高を選んだのは、練習環境の良さと監督の存在だ。  高校生選手として出場した1982年のくにびき国体で優勝し、大分県の国体少年チーム監督として2連覇を果たした堀田育子監督を信頼する。「監督が自分の見えないところを鋭く指摘してくれる」と感謝する。

 日本ジュニア選手権2位の快挙は、僅差で優勝を逃したことから「悔しかった」と振り返る。同時開催の日本選手権男子カヤックシングルB決勝で4位に入り、「こんなに行けると思っていなかったし、うれしかった」と国内の頂点が見えたのが収穫だった。

 直近の目標は26~28日に香川県坂出市である海外派遣選手選考会。優勝すれば、目標の世界ジュニア選手権出場に大きく近づく。「500メートルを戦う持久力をしっかりつけて臨みたい」と意気込みは十分。さらに「五輪に出てメダルを取り、応援してくれる皆さんに恩返ししたい」と未来を見据える。

ソフトボール・大橋優也(三刀屋高2年)

打撃練習に打ち込む大橋優也=三刀屋金属グラウンド

U18W杯 本塁打放ち活躍

 2020年2~3月にニュージーランドであった男子U18ソフトボールワールドカップ(W杯)に日本代表で出場した。21年は世界で戦った経験を、母校に還元しようと向上心をみなぎらせる。

 松山市出身。ミート力や走力、肩の強さを見込んだ島根県ソフトボール協会が推薦し、19年11月の代表選考会を経て代表(16人)の座を射止めた。

 W杯では中堅を担い、出場した試合全てでスタメン出場した。緊張で序盤は積極的にバットを振れなかったが、「自分のできることをしっかりやろう」と気持ちを切り替えた3試合目のデンマーク戦で2本の本塁打を放った。

 決勝のオーストラリア戦はセーフティーバント、バスターからの内野安打、右中間二塁打と3打数3安打の大活躍の上、盗塁も決めた。長打から小技までこなせる打者を目指してきただけに、決勝の大舞台で持ち味を発揮できたことを「大きな経験だった」と満足そうに語る。

 三刀屋高は昨夏に3年生9人が引退した。冬は体を鍛えながら食事量を増やし、打球に飛距離を加えた。部員は8人に減ったが、卓球やソフトテニスといった他の部活動からの助っ人と一緒に活動。26~29日に和歌山県紀の川市で開催される全国選抜大会への出場を決めた。

 保護者から練習用ネットの張り替えや照明器具の寄付といった手厚い支援を受けている。「たくさんの人に応援してもらっている分、プレーで恩返ししたい」と、チームで初めて挑む全国大会に向け、胸を弾ませる。

第32回山陰中央新報スポーツ優秀選手賞 選考委員(順不同)

島根大学名誉教授 斎藤 重徳氏
島根県環境生活部スポーツ振興監 佐藤 正範氏
島根県体育協会専務理事 安井 克久氏
島根県スポーツ推進委員協議会会長 森本 敏雄氏
島根県高等学校体育連盟会長 吾郷 信博氏
島根県中学校体育連盟会長 古藤 浩夫氏