衆院が解散され、安倍・菅両政権で説明責任が十分に果たされなかった「負の遺産」の真相究明は選挙後に持ち越された。岸田文雄首相は臨時国会での所信表明演説や代表質問の答弁で、消極的な姿勢に終始した。...