新型コロナウイルス感染症による小学校などの臨時休校で、仕事を休まざるを得ない保護者を支援する「小学校休業等対応助成金・支援金」について、島根、鳥取両労働局が申請受け付けを始めた。休暇取得の期間は8月1日から12月31日まで。

 対象は休校や休園で子どもの世話が必要となった保護者に有給休暇を取得させた事業主で、支給額は休暇中に支払った賃金相当額の満額(1日当たり上限1万3500円)。委託を受けて仕事をする個人も対象となり、1日当たり定額6750円を支給する。

 申請は8~10月の休暇が12月27日まで、11~12月の休暇は来年2月28日まで受け付ける。事業主が助成金活用に応じない場合は、労働者が直接申請することもできる。

 問い合わせは厚生労働省のコールセンター、電話0120(60)3999。島根、鳥取両労働局に特別相談窓口もある。 (藤本ちあき)