第七章 九郎義経(六十九)  鵯越口を守る盛俊は、総退却の命を聞いても慌てることはなく、厳かに軍を退いた。すぐに敵勢三千に追いつかれたが、五倍以上の数をもろともせず、三度まで見事に猛攻を跳...