ミラーレスカメラで撮影した写真を鑑賞する会員たち=益田市常盤町、キヌヤ益田ショッピングセンター
ミラーレスカメラで撮影した写真を鑑賞する会員たち=益田市常盤町、キヌヤ益田ショッピングセンター

 【益田】デジタルカメラが普及した後に、写真表現の世界に足を踏み入れた愛好者による展示会「フィルム時代を知らない大人たちのはじめて、これから写真展」が15日、益田市常盤町のキヌヤ益田ショッピングセンターで始まった。花や風景、着物姿の女性の写真が来場者を楽しませている。18日まで。入場無料。

 益田市や山口県萩市、広島県廿日市市で開かれているパソコン教室受講生のうち、写真歴60年の田中頼昭講師(79)=益田市西平原町=から8年間、デジカメ撮影を学ぶ60~70代の男女25人が「フォトサークルステップ」をつくり、初めて企画した。

 1人2点ずつ展示し、秋の京都や厳島神社(広島県廿日市市)の千畳閣、コスモスの群落、川べりに咲く菜の花といった作品が来場者の目を楽しませる。

 田中さんは「技術うんぬんではなく、見たままに写るカメラの魅力を純粋に楽しんでいる感じが、伝わると思う」と話した。開場時間は午前9時半から午後5時まで。18日は午後1時まで。  (中山竜一)