江津市は、新型コロナウイルスの影響を受ける事業者支援と消費喚起に向け、12月上旬に全市民約2万3千人を対象に3千円分の商品券を配る。事業者には給付金を支給する。

 商品券は500円券の6枚つづりで、2千円分を地元商店で使える地域券、1千円分を大型店などで使える共通券とする。利用期限は来年2月末まで。

 給付金は、4~9月の間の連続する3カ月の平均売上高が、前年か前々年の同期比で20%以上減った場合が対象で、最大20万円を支援する。申請期間は10月25日から12月15日。給付は2000年夏、21年春に続いて3度目となる。

 市は関連事業費を含む総額2億900万円の21年度一般会計補正予算案を、18日の市議会臨時会に提案し可決された。補正後の一般会計総額は前年同期比22・7%減の165億9700万円。

 コロナ関連では、国の指針に基づく3回目のワクチン接種を医療従事者は12月、高齢者は来年1月、64歳以下は同3月以降に始める方針も決めた。 (福新大雄)